スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

Mr.ポンバシのエロゲレビュー第21弾 ~恋ではなく~

最近更新した別の記事

恋ではなく完走!!!

こんばんは!! Mr.ポンバシです(-^□^-)

Mr.ポンバシのブログ


では前の記事で宣言したように、恋ではなくのレビュー(感想)を書きます♪


体験版レビューと多少被ってる部分もありますが、その点はご容赦ください。


改めて、今日紹介するのはこちら↓

恋ではなく -It’s not love, but so where near.
(しゃんぐりらすまーと)

Mr.ポンバシのブログ


オープニングムービー



OHPへのバナー

『恋ではなく―― It's not love, but so where near.』を応援しています!


発売日
2011-05-27

期待値
平均値:80 中央値:79 データ数:15

ジャンル
青春群像劇ADV

ブランド
しゃんぐりらすまーと(代表作:なし)

シナリオ
早狩武志氏(代表作:群青の空を越えて,ナルキッソス)

原画
トモセシュンサク氏(代表作:暁の護衛、,蒼天已に死す)

声優
    海原エレナ(槙島 祐未) , 古河徹人(八坂 典史) , 小倉結衣(八坂 梨枝) , 杉崎和哉(林 亮輔) , 有栖川みや美(屋野 好佳) , 空乃太陽(阿藤 扶) , こんつ(須崎 孝一) , 草柳順子(林 朋子) , 樹冬隆(関矢 尚人) , 芹園みや(宇渡 美月)



商品紹介(Getchuより)

    互いを求めて、わたしたちは共に流離う――

    名作を生み出し高い評価を得ている作家・早狩武志氏&トモセシュンサク氏がタッグを組んだ、しゃんぐりら姉妹ブランド・しゃんぐりらすまーとのデビュー作。
    物語の主役は、険悪な仲となっていた幼なじみの男女学生。幼い頃から写真を撮り続けている “男主人公” と、ファッションモデルとして活躍している “女主人公”。
    なんと本作には “ヒロイン“ が存在せず、ふたりの主人公視点から交互に物語は描かれることに。

    卒業前に仲間たちと共に行なった孤島での撮影ロケを通じて、やがて結ばれていくふたりの青春群像劇。
    ストーリーはその選択によって様々に分岐するものの、すべては主人公ふたりが結ばれる純愛劇に帰結していく。
    『恋ではなく』 というタイトルに込められた意味がどんなものであるのか――自身の思いを巡らせることになる、今までにない恋物語がここに。



ストーリー(Getchuより)

    「事実上複製が不可能な……世界にたった一つしか存在しない、特別な一本を撮らないか」
    晩秋。日本海に面した古い街の片隅。
    彼らはある少年のそんな言葉に導かれて、古びた8mmカメラをまわしはじめる。
    「卒業までの半年で、あいつとの答えをださなきゃな」
    瞬きする小さなファインダーの中に写るのは、それぞれの思惑、愛憎、打算、そしてプライド。
    「……これはもしかしたら、好きって感情とは違うのかもしれない。でも……」
    やがて、レンズを通して明らかになっていくのは、必ずしも正しい気持ちではない……それぞれの、真実の望み。

    共通の幼なじみ・阿藤扶の 「卒業までに映画を一本撮りたい」 という望みに応え、数年ぶりに互いに言葉をかわす主人公・槇島祐未と八坂典史。
    映研、写真部、デジタルメディア同好会を巻き込み、やがて撮影隊は日本海の孤島・飛島ロケを敢行する。
    皆で過ごすクリスマス、因縁のバレンタイン。 友情と恋愛、そしてライバル心に翻弄されながらも、彼らは時には映画を、時には写真を撮り続ける。
    だが、卒業後の進路が異なる彼らに、残された時間は決してそう多くはなかった。

    そして、クランクアップの時、彼らが選ぶ選択とは?




ここからは個人的感想になりますので、皆さまの意見とは異なる場合がございます。ご覧になって不愉快になる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうかそこはご容赦ください



ストーリー


まずこのゲームの最大の特徴は主人公が二人いることです!

Mr.ポンバシのブログ


男の方が典史、女の方が祐未です。


OPやストーリーを見て頂いたら分かると思いますが、この二人が結ばれる過程を描く物語だと思って頂いてもいいと思います。


プレイ当初は二人の間に隔たりがありますが、いろいろな出来事を通してその隔たりが無くなっていく、というのがかなり大まかな流れです。


ちなみに、このゲームは4つのルートから成り立っています。


しかし、主人公が他のサブヒロインと結ばれるというルートはないです。(期待してしまっては困るので言っておきます)

Mr.ポンバシのブログ


しかし、バッドエンドがあるかどうかはやってからのお楽しみということにしておきますwww


この主人公が二人、っていうパターンは斬新でよかったですが、もちろん欠点もあります。


というのも、この物語はあくまで祐未と典史が中心に話が進むので、どちらかの主人公を嫌いになってしまった場合は、このゲームを楽しんでプレイすることはできないでしょう


もちろん物語を通して好きになるという場合もありますので、最後までプレイして頂いた方がいいですが、どうしても苦手って場合は仕方がないので諦めてくださいあせる


おそらく大丈夫だとは思いますが……


でも二人とも個性が強いので、もしかしたらそういう人もいるかもしれませんね汗






そして、このゲームのもう一つの大きな特徴としてあげられるのが

視点変更がかなり頻繁に行われることです。

Mr.ポンバシのブログ



これは典史と祐未だけでなく、他のサブキャラの視点になることもたびたびあります。


ここまで視点変更が頻繁に行われるゲームは初めてでしたwww


でもこの視点変更のおかげで、


登場人物一人一人の心情がとても分かりやすく、感情移入がしやすかったです!


視点変更は全く行わないゲームって結構ありますけど、個人的には感情移入しやすい、という面でもやはり視点変更は大切なので、ぜひとも他社も使ってほしいです!






肝心の内容についてですが、みんなで1本映画を撮る!っていうのが登場人物たちの目標で、


登場人物の一人一人が映画撮影に熱心に取り組みます!

Mr.ポンバシのブログ


その熱心な姿勢は、プレイしているこちら側もなにか触発されるほどです!


さすが青春群像劇ADVと謳ってるだけのことはあります!






しかし、もちろんこのゲームは部活だけの物語ではありませんwww


登場人物たちの恋愛が主題です。

Mr.ポンバシのブログ


視点変更のおかげで、登場人物たちの心の葛藤や心境の変化がとてもよく分かったのが良かったです!


しかし、心情描写を重視しているせいか、ストーリーの起伏が少ないと思うかもしれませんあせる


そのせいで中だるみする人が出てきそうです……


おそらくそれがこのゲームの最大の欠点の一つだと言えるでしょう


ちなみに話の中には、三角関係のようなドロドロした部分もあります( ´(ェ)`)


かと言って、ageの某作品までのドロドロさはありませんwww


ドロドロしたものが苦手な自分でも大丈夫なレベルでしたwww






このゲームは男主人公である典史もボイスありですし、視点変更が頻繁に行われるだけあって、

恋愛ドラマを見ているような感覚でプレイできると思います。


普通のergでしたら、主人公の声を無くし立ち絵を見せないことで、プレイしてる人自身を主人公視点に立たせる、っていうのが普通ですが、このゲームの場合はそういったことは考えていないようですのでwww






普段ergをするとき、えちぃシーンをスキップする人がいるかもしれません!


確かにシーンがなくても物語が成り立つゲームが多いのも確かです。


しかし、このゲームの場合はシーンは絶対にスキップしないほうがいいです!


というのも、さきほども言ったように、このゲームは心情描写を重視しており、登場人物の心の状態をしっかりとその都度把握しておかないと全く感動できないなんて事態に陥る危険性があります。


このゲームはシーンがかなり長めで、シーンの最中に主人公たちの本心をしゃべることが多いので、とばしてしまうと主人公の心の変化が把握できなくなってしまいます汗


それは今作ではかなり致命的なことだと思うので、ぜひともシーンもしっかりと見ておくことをお勧めします。




キャラ

Mr.ポンバシのブログ


絵からも想像してもらったら分かる通り、萌えは皆無でしたwww


代わりに、普通のergではあまりないのですが、尊敬できるキャラが結構いました!


っていうか自分の場合、登場人物のほとんどが尊敬できると感じましたwww


一つの物事に取り組む姿勢、他人を気遣う心など、見習わないといけないと思ったことが沢山ありました!


早狩武志氏は凄いな~と改めて実感しました!






CG

Mr.ポンバシのブログ

Mr.ポンバシのブログ


文句無しで綺麗です!(≧ω≦)b

トモセさんマジ上手いです!



でも萌えない絵なのはちょっと残念(´・ω・`)





CG数

76枚(えちぃシーン:23枚)

想像以上に多かったです!

これは嬉しい誤算でした!(≧ω≦)b




シーン数

8回


結構多くてビックリしましたwww





システム


①主人公声あり(フルボイス)


これについてはさきほど書きましたねwww


個人的には嫌いじゃないですo(^-^)o



②アクティベート有り


まあ最近じゃ珍しくないですねwww



③ワイド画面固定


地味につらい……



④次音声再生まで音声再生可


これは嬉しい(≧ω≦)b

といっても最近じゃ普通かwww



⑤バックログジャンプ無し


これはつらい(´・ω・`)

動画編集する時にこの機能があったら何かと便利なのに……orz



⑥各キャラ毎に文字色設定可

視点変更がかなり多いので重宝します!

初期設定でもあまり困らないけど、変えた方が絶対便利!



⑦用語辞書


下の画像のように、テキストの中に専門用語が他の文字とは違う色で現れます

Mr.ポンバシのブログ


その用語をクリックすると……

Mr.ポンバシのブログ


このようにその用語の説明をしてくれます♪


ちなみに後で見たくなったら、タイトル画面のEXTRA→Tipsをクリックすると、

Mr.ポンバシのブログ


こんな画面になりますので、ここで調べそこなった単語を調べられます♪


でも正直なところ、訳のわからん写真用語が多すぎていちいち調べてられないのが現実www



⑧写真入門講座


タイトル画面のEXTRA→写真入門をクリックすると、

Mr.ポンバシのブログ


このような画面になります!


初期状態では一番上の講座にか出現してませんが、1周するごとに1つずつ増えていきます!


具体的には

Mr.ポンバシのブログ


上の画像のように、SDキャラが写真についての基本的な知識を教えてくれます!


SDキャラ可愛い(*´Д`)




攻略順

最初の3周をクリア後に、タイトルに最後のルートへ進む選択肢が出現します。


最初の3周の順番は特に気にする必要がないと思います。




では今回のレビューはこれにて終りです!


ちなみにシナリオだけの点数で言うと、83点です!(あくまでも自分がつけているランキング表の中ではwww


気になった方はぜひチェックしてみてください!


ではノシ



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

ぐはっ!買いたいけど買えない不満はどぉすりゃいいんだぁぁぁ!!

76枚って多いな……。

俺は自称絵にこだわる子だからありがたいけど買えない(´・ω・`)

2 ■無題

ふむふむ・・・意味深な発言がいくつかあるな~ww
そこはやってからのお楽しみでしょうかね!
いつやるかはまだ決めてないですけどやるときが楽しみですね♪

3 ■おっす、オラ松風。

まだ、パッケージすら開けてないのでΣ( ̄◇ ̄*)エェッ


記事スルーさせて頂きます(笑)

4 ■無題

感想乙です
主人公声ありで顔見せありってことだと神視点で楽しむ感じですね
型月のゲームと同タイプと思えばよさそうですね

攻略ヒロインを一人に搾った事でより深く描けるというメリットは
生かしきっているようなので一人にしたのは正解だったようですね♪

CG76はフルプラでは少なくないですか?
80が最低ラインだと思ってましたが…

やはり私にはヒロイン一人というのはハードル高いですw
アクチありなのも簡単に手を出しにくいですねー

非常に分かりやすい感想で助かりました

5 ■無題

意味深な発言がいくつか・・・・

背景素晴らしいですね!!!!

キャラも。

6 ■無題

お、お疲れさまでしたぁーっ!!!

やばいです、興奮している私がいるwww
やりたい!やりたい!やりt(自重

これは名作間違いないですねw
トモセ絵に萌え要素は正直私はいらないかなーw
SD画があるならそれで充分です♪
恋愛のもつれ最高じゃないですか!
私が期待していたものが本当につまってそうですね!

ただ私も写真はあまり興味がなく、用語とかしらないからその辺りでポカーンとしてしまうところも多々ありそうですが、これは絶対に買いに行きますね♪

7 ■無題

攻略お疲れ様です!
うわ~凄くやりたいな~
でも、マネーが・・・
どっかにマネーかソフト落ちてないかな~ww

でも視点変更が多いのは
ちょっと個人的には難点かな
視点変更が多いゲームはいくつかやってますけどすべてダメだったからな~

8 ■無題

なるほどー、システム面にやや難ありって感じなのかな?ワイド固定とか、未だにスクエア型のモニタを使ってる私に対する嫌がらせとしか思えません…。
私がパソゲをインストールして最初にやる事は、設定画面を開いて野郎キャラの声を消す作業なので、主人公フルボイスに関しては問題ありません(キリッ

9 ■無題

なるほど~
プレイ時の参考になります。

視点が変わる作品は好きですね^^
ラノベですがRPGW(・∀・)RLDという作品も視点をよく切り替えて話が進むのでいいです。

カメラ用語は自分も知らないです^^;
同じく知らないポンバシさんも楽しめたようだからそこは安心w

レビュー読んでプレイするのが楽しみになりました(^o^)

10 ■無題

シーン数多いですね(^O^)


合宿前までしかプレイしてませんがだんだんおもしろくなってきました( ̄∀ ̄)

11 ■完走おつかれです、

視点変更はいいですよね!!

心情描写を重視ですか、それはじっくりと読んでいかないといけませんね( ̄▽+ ̄*)

12 ■無題

早い!!
早すぎますよwww

いったいどのくらいやったのですかwww


攻略順のところですが
たぶん強制ではないかと・・・
僕は一番最初に関根先輩の話からだったので・・・・

違ったらごめんなさい

13 ■無題

主人公2人は珍しいよねっ!
てかCGの枚数多いねっΣ(・ω・ノ)ノ!

背景とかめっちゃ綺麗!!
あぁああぁ~
また気になるえrgが増えてしまった(ノω・、)

14 ■無題

これは面白そうだwww
もうっ!どんどん欲しいものが増えていっちゃいますよっ!!w

というか、感覚的にかなり新しい気がしますっw
感動もの好きな僕としては、ぜひやりたいっ!w

15 ■無題

レビューうますぎです((((((ノ゚⊿゚)ノ

なんかちょーやりてーwww

16 ■無題

OPかっけーww
やっぱり暁の護衛に見えてしまうな(;´▽`
用語解説は、シュタゲにもありましたね~
流行ってるのかな?

17 ■無題

ぬははああああああああああ!!!
やりたいよおおおおお!!!
恋ではなくやりたい!!
というか、視点が変わるのあたし好きなんで
ガチでやりたい!!

18 ■無題

おぉ、クリアしたんですか。

お疲れ様です。


ところで、プレイヤのBGMに混じって別の曲が同時に流れてくるのですが、IEのせいですかね?

もしかして、自分だけ・・・?

プレイヤーじゃとめられないみたいで・・・?

19 ■無題

おお!!
主人公二人なんかわくわくしますねwww

視点が変わるとこにはびっくりしました∑ヾ( ̄0 ̄;ノでも萌え要素がないのはちょっときついですねwww
でも面白そうなのでお金貯まったら買いたいと思います(^O^)/

20 ■お疲れ様です

個人的にはゲーム内で視点切り替えが多いのは苦手ですが
今回の様なのでは悪くないのかもしれませんね
やっぱりゲームというよりはドラマっぽいですね

用語解説があるのは嬉しい!
写真にそこ目で興味があるわけではないですが
未知の分野として用語から入門まで知れるのは嬉しいと思います
プロフィール

ポンバシ

はじめまして!Mr.ポンバシです。
呼び名は「ポンバシ」「ポンさん」などなどです ^ ^
2次元をこよなく愛しており、エロゲ、ギャルゲ、アニメ、ラノベなんでも話を振ってください。
コメントしてくれると天に昇る勢いで喜びますww


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
6705位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
939位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

カテゴリ

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する


月別アーカイブ

OHPバナー
紅い瞳に映るセカイ 応援中!!

「魔女こいにっき」応援中

恋がさくころ桜どき

すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。